スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3ミリに拘る

前回の作業で基準ができましたので、借組を進めていきます。
まずウィングのフラップを翼型に見える様に整形します。

写真(6)

この際、要らないプラ板などに両面テープで貼り付けると削り易いです。

フラップが翼型になったらエンドプレートにハンダ付けです。
お馴染みノギスで挟んでの方法です。
蛍光レッドになるパーツだけハンダ付けして白いフラップは後から接着する事にします。

諸先輩方の製作記によるとリアウィングの高さが低すぎる模様。

wing19.jpg


車高を1ミリに設定してウィングを仮置き、高さを計ると約19ミリ。
当時のレギュレーションではリアウィング高は950ミリなので1/43換算で約22ミリ。
3ミリほど足りません。

写真(8)

写真(9)


ボディの黒マジックで塗ったあたりが干渉するので削り飛ばします。
それだけでは約1ミリしか上がらないので、ステー本体も削り込みます。

wing22.jpg

かなり削って22ミリ!
(曲がってますが。。。)
レギュレーションの高さまであげる事が出来ました。
次回は足回りの仮組!

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。